リフォームの種類について

リフォーム後のキッチン

日々の暮らしの中で、環境の変化はつきものですよね。

数年前までは、心地よく使えていたキッチンも、今では狭く感じることはございませんでしょうか。

古くなった家をキレイにすることもリフォームのひとつですが、環境に対応した家へと変化させるのもまたリフォームなのです。

リフォームには、様々な種類があります。

大切な住居のどの部分をどのようにリフォームしていくのか、ゆっくり考えながら、準備を進めてみてはいかがでしょう。

 

《外装リフォーム》

外から見える部分の設備や装飾は、見た目のキレイさだけでなくお客様を招待するときに、

気持ちよく迎えられるための準備でもあります。

外装リフォームの種類の中には、雨漏りなどの屋根修理をはじめ、壁の塗装、エクステリア(外溝工事)、

お庭の整備などがございます。

 

《内装リフォーム》

リフォームの中でも、内装リフォームをされる方が一番多いのではないでしょうか。

内装リフォームは、リビングをはじめ、キッチン、トイレ、洗面台、お風呂場などの水廻りや、

オール電化などがあります。

 

《バリアフリー》

公共施設でも、バリアフリー設計の建物をよく見かけるようになりました。

今住んでいる家も、バリアフリー設計へとリフォームすることが出来ます。

バリアフリーのリフォームでは、出入り口の段差を無くし、スロープにしたり、

お風呂場などでは手すりをつけたりなど、

内装と外装の工事をする種類があります。

 

《耐震対策》

日本は、地震大国でもあります。

家を建てる時、リフォームでも耐震対策工事を施す方がたくさんいらっしゃいます。

耐震対策のリフォームでは、色々な工事方法で住居の耐久性向上、構造耐力の強化を行います。

 

《増改築》

家族で住み始めた家も、子供の成長や結婚などを経ていくと、新しい家族が増えていきます。

その際には、環境に合わせた家にリフォームするのが良いと思います。

増改築の中には、二世帯住宅へのリフォームや修繕といった種類がございます。

 

このように、様々なリフォームの種類があり、どれも毎日の生活をより快適に過ごせるようにという目的があります。

あなたの生活にピッタリのリフォームを探してみてはいかがでしょう。

お気軽にお問い合わせください。044-986-0981受付 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問合わせはこちら お気軽にお問合せください。