外壁塗装を依頼するにあたって注意したいこと

家の外壁

外壁塗装を依頼する際、注意すべきことがあります。

その注意すべきことをひとつひとつ見ていきましょう。

 

 

♦耐用年数が長い塗料をお願いする

塗料の種類はさまざまで、耐用年数が短いものもあれば、長いものもあります。

耐久年数が短いから値段も安いだろうと考え、ついつい耐用年数が短いものを選んでしまいがちですが、

トータルで考えると耐用年数の長いものを選んだ方がお得です。

なぜなら、塗装工事の費用は塗料代だけではないからです。

当然、足場代や人件費も含まれます。

耐用年数が短いものは劣化が早い分、工事の回数が多くなります。

例えば、耐用年数が10年と20年の塗料があった場合、10年のものを選んでしまうと、2倍も多く工事をしなければなりません。

工事が2倍になるということは、足場代も人件費も2倍になるということです。

結果的に、耐用年数が長い塗料を選んだ方がお得になります。

 

♦依頼する季節・時期に気をつける

工事ができるかできないかが季節や時期に左右されるということは基本的にありません。

しかし、避けた方が良い季節や時期はあります。

それは、梅雨の季節や寒さの厳しい時期です。

雨が続いたり、寒さが厳しいと、塗料が十分に乾かないので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

♦色選び

色選びに妥協は必要ありません。

色を選ぶ時は、見本だけで決めるのではなく、サンプルも見て決めるようにしましょう。

見本だけでは、大きな外壁のイメージを完璧に思い描けることができないかと思います。

見本だけで決めてしまい、工事後にイメージと違うことに気づいたのではもう手遅れです。

少し大きめのサンプルを作って、それでイメージを掴むようにしてください。

この時、サンプルは屋内ではなく、きちんと屋外で見るようにしましょう。

常に外にさらされている外壁のイメージを掴むためには、やはり屋外で確認するべきです。

外壁塗装を依頼する際は、これらのことに注意して依頼するようにしましょう。

sinken reform 2014