外壁塗装工事を依頼するタイミング

麻生区の外壁塗装

マイホームは「終の棲家」であります。ですから、安心して住み続ける事のできる環境を維持しなければいけません。それは「外壁」にも同じ事が言えます。外壁もマイホームの一部ですから、塗装をするなり環境の維持に努めなければいけません。しかし、外壁塗装をするタイミングがわからないという方もいらっしゃるでしょう。
こちらでは、その外壁塗装工事を依頼するタイミングについてご紹介をさせて頂きます。

 

《家を建てて、10年前後経つ場合》

マイホームを建てて、10年前後が経過している家もある事でしょう。しかし外壁にはこれといって、変化が見られないという家もあります。ですが外壁というのは、太陽光を浴び、雨風に晒されています。そのため、見えない部分で劣化をしている可能性があります。ですから、建てて10年前後経つ家の外壁には塗装工事を行うようにしましょう。そうする事で、マイホームをより良い環境に維持する事ができるのです。

 

《白い粉が付く場合》

家というのは頑丈だと思いこみ、日頃のメンテナンスをしていない方は多くいらっしゃるでしょう。しかしそのような家というのは、外壁の塗装面が粉状になる「チョーキング現象」を引き起こす事があります。そのチョーキング現象が起きるのは、外壁塗り替えのサインです。仮に家を建てて10年に満たなくても、外壁塗装の依頼をするようにしましょう。

 

《外壁にシミがある場合》

外壁にシミがある場合は、外壁塗り替えのタイミングとなります。そのような場合というのは、ひび割れた箇所から水分が浸透している可能性が高いです。シミがあるのに放置してしまうと、外壁の劣化を早める事となってしまいます。そのため外壁にシミが見られたら、早めに外壁塗装を行うようにしましょう。

 

他にも、外壁塗装工事を依頼するタイミングはありますが、特に重要なタイミングをご紹介しました。そして当社は麻生区に事務所を構え、評判の外壁塗装工事などを激安価格で行っています。また当社では、人気のリフォーム工事も承っています。お見積もりだけでもよろしいので、外壁塗装の依頼を検討しているなら、当社にご相談下さい。

 

お気軽にお問い合わせください。044-986-0981受付 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問合わせはこちら お気軽にお問合せください。