塗り替え

塗装工事は、よく説明を聞いて費用対効果を考えて決めましょう

耐用年数が長いほど価格は高くなります。もちろん耐用年数が長くなることは良い事だとは思います。が、外壁塗装をお考えの皆さんのご予算の問題や、また、外壁等の痛み具合によっては、必ずしも高いものを使う必要がない場合もあります。業者さんに説明を求めるように心掛ける事を忘れないように。 高いものが決して良いものではありません。

フッソ樹脂塗料

外壁塗料として、他の塗料よりもあらゆる点で優れていると思われますが、値段の方も他の塗料よりも明らかに高いため、メンテナンスの大変な建物向きといえます。

シリコン樹脂塗料

耐久性に優れている為、現在ではスタンダードなものとなっています。ほとんどが水性塗料で、溶剤タイプのような独特な臭いもありません。弾性効果も合わせ持ち、耐久年数は10年から12年程度あります。

ウレタン樹脂塗料

従来は2液タイプでしたが、最近1液タイプが多くなり作業効率が上がり外壁にも多く使われるようになりました。アクリル塗料よりも耐久性が上がり、耐久年数は8年から10年程度となっています。

アクリル樹脂塗料

新築の時はほとんどがこのアクリル塗料となっています。一番塗料の種類も多く、一番値段も安くつく塗料といえます。耐久年数は6年から8年程度となっています。

お気軽にお問い合わせください。044-986-0981受付 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問合わせはこちらお気軽にお問合せください。